« オリンピックが開催されたけど・・・ | トップページ | ネットジャーナリズムの弱点に直面しています〜取材再開へ向けて »

2006年2月26日 (日)

許せないから伝えたい〜ネットジャーナリズム創成期

先週は、いろいろな分野でのニュースがにぎやかでしたが、トリノオリンピック・女子フィギュアスケートの荒川静香さんが金メダルを獲得したことで大盛り上がりだった24日金曜日、米英共同の臨界前核実験が行われています。

<臨界前核実験>米国が21カ月ぶり、通算22回目の実施

 【ワシントン和田浩明】米エネルギー省国家核安全保障局は23日、米英共同の臨界前核実験を米西部ネバダ州の地下実験場で米太平洋時間同日正午(日本時間24日午前5時)に実施したと発表した。前回(04年5月)以来21カ月ぶりで通算22回目。イランの核開発疑惑が国際社会で注目を集める中での実験となり、反核団体は反発している。
 同局によると、「クラカトア」と名づけられた今回の実験は、両国が保有する核兵器の安全性確認などのデータ収集が目的。英国側が装置類を持ち込み、化学爆薬による爆発時の衝撃がプルトニウムに与える影響などを調べた。米英共同実験は02年に続き2回目。
 広報担当者は「実験は問題なく行われ、環境への放射能漏れなども起きていない」と話した。同局はウェブサイトで実験装置を地下施設に設置する様子を撮影したビデオも公開した。
 米ブッシュ政権はテロへの懸念などから核不拡散対策を重視する姿勢を強調している一方で、新型核弾頭の研究を継続しており、「核軍縮分野での取り組みが不十分」との批判が一部で根強い。英国も既存の核ミサイルの更新を計画しており、同国の反核団体「核廃絶キャンペーン」は22日、「両国が核廃絶の実現に本気ではないことを示すもの」と実験を非難した。
(毎日新聞) - 2月24日11時24分更新

私は過去に行われた核実験の度、こみ上げる怒りを自分の中で押さえつけてきました。怒り溢れる想いをこのブログでエントリーとして残すことも意味があることだと思いますが、ひとつ間違えると愚痴になってしまう。
いろいろな社会問題が出てきた時に、当事者(被害者)が許してもいい問題と悪い問題があると思い、「へぇ、こんな重大な問題なのに簡単に許しちゃうのね」と驚くこともよくあります。例えば、最近よく聞く「インターネット上に個人情報が流出しました」っていうのとか。
核実験については、「絶対にしてはならないこと」だと決め付けて来ました。だからまだ取材をしていない今は、それを許すべきではないと考えています。
決して許さないという姿勢とは、いろいろな形があると思いますが、エントリーに怒りをぶつけることでは弱く、私の立場としてできることは、事実をひとつひとつ伝えていくこと。それは、大きな組織の内情を公開していく方法もあるでしょうけど、私は当事者個人と向き合ってみたいと思います。組織の中で葛藤や苦悩する人たちの想いの中に、何かしらのヒントがあるかもしれません。

「決して許さない」という姿勢をジャーナリストだけが貫いたとて、それは問題の解決の糸口に過ぎず、大きな波を起こせるのは、世論です。
しかしながら、OL時代の暮らしを身近に感じるここ数日、会社員が問題意識を持つことの難しさも実感します。朝起きて通勤ラッシュで押し合いへし合いをしながら出勤し、自覚はないけれど風通しの悪い環境の中での指示や決断を迫られる。考えているつもりだけど、風穴のない空気の中で出した答えなど大して画期的ではないと気づく間もなく帰宅して、風呂入って一杯やって疲れて眠る。つまり、生活するのに精一杯なんですよね。もちろん会社員全てがこうだということではなく、数々の会社を渡り歩いて見てきた経験から言っているんですけどね。

そういう社会だから、彼ら会社員へ情報を伝えるためにどうアプローチしていくかが私の課題だと思っています。
そんな時、韓国のオーマイニュースとyahooが手を結んだという知らせがあちらこちらから入ってきています。
私は一からモノを作り上げた実績のある2社が手を結ぶということで、日本版オーマイニュースに大きな期待を寄せて注目しています。もしかすると、来年の今頃にはネット上での報道の形が随分と形を変えているかもしれませんね。
それから、最近よく感じていることなのですが、報道活動を職としていないしタレントでもないけれど、インターネット上では大きな影響力を持つ人たちも生まれてきています。本人がその影響力を自覚せずに、「あくまでも推測ですが」と発言してしまうことが、場合によっては非常に危険なこともある。逆に言うと、そのくらいインターネット上での発言が社会に対して影響力を持ち始めているということでうれしくもありますが、ひとつ間違えると危険な状況に陥る可能性もあります。
これからがネットジャーナリズムの創成期なのかも。

<文責/泉 あい>

|

« オリンピックが開催されたけど・・・ | トップページ | ネットジャーナリズムの弱点に直面しています〜取材再開へ向けて »

コメント

核関連ほど醜悪な臭気を放つ業界もなかなかないのではないか
彼らはそうやって地表を汚染して行き最後地球はどうなっちゃうんだろうか

投稿: ☆まがり★ | 2006年2月27日 (月) 07時23分

>地表を汚染して行き
未臨界核実験は地表を汚染しません。
まぁ、だからこそCTBTの抜け道になるっていう
問題点もありますが。
恥ずかしいからコメントの前に勉強したほうが良いですよ。

ぁぃさんももっと勉強したほうがいい。
ジャーナリズムを追求する行動力は非常に素晴らしい
けれども、「まだ取材をしていない」ではお話になりません。
なぜいけないのか、なぜ許せないのか、
その根拠を論述できるだけの知識は
最低限持っていてほしいです。
あと、両国がこの時期にこのような行為に及ばなければ
ならなかった政治的背景なんかも考慮に入れるべきです。

じゃー頑張ってね〜

投稿: snake | 2006年2月27日 (月) 12時09分

>両国がこの時期にこのような行為に及ばなければ
ならなかった政治的背景なんかも考慮に入れるべきです。

イランの核問題をおっしゃっているのでしょうか?
この問題については、面白い解説記事があるのでご紹介します。

http://tanakanews.com/g0207iran.htm

投稿: Anonymous | 2006年2月27日 (月) 13時23分

何らかのイデオロギー的な確信犯でなければ、客観性及び慎重さに欠けるエントリーと思います。

核武装を持つ維持するという事には、その能力の定期的検証が絶対必要要件です。
その条件下で現在最も環境その他への影響が少ない方法の一つが臨界前実験だったと思います。

相互に核兵器の必要ない状況や段階的な世界的軍縮が望ましいのは言を待たないわけですが、そういう事を抜きにして単にこれだけを取り上げられても、底浅さに嫌悪感を待たざる得ないのですよ。

ましてや日本は米国の核の傘に入る事(軍事的プレゼンスに依存する事)で、単に核武装をせずに済んでいるだけ、という側面もないわけではないのです。

投稿: トリル | 2006年2月27日 (月) 15時17分

わたしゃ、何が言いたいんだかよく分からない独り言みたいな文章に対して「イデオロギー的確信犯」だとか「軍事的プレゼンス」なんて分かったような分からないような言葉を使って噛み付くおりこうさん的な文章に嫌悪感を持ちますね。

投稿: | 2006年2月27日 (月) 19時47分

Anonymous さん、わかりやすい解説の紹介、ありがとうございます。イランの問題は"時期"の方の話ですね。イランが核兵器を持とうとしているというウソ臭さ全開の国際世論を頑張って作り上げてきた両国が核実験をするという愚を犯す理由は何かってことです。

投稿: snake | 2006年2月27日 (月) 23時24分

核兵器反対!戦争反対!犯罪反対!差別反対!

これなら猿でも言えますね。

投稿: 通りすがり | 2006年2月28日 (火) 09時11分

最近の猿は人間の言葉をしゃべるのですか。それともあなただけが猿の言葉が分かるのかな。猿みたいな顔した人はたくさんいますけども。例えばどっかの大国の大統領とかね。彼はひょっとしたら猿の言葉が分かるかもしれない。

投稿: 僕も通りすがり | 2006年2月28日 (火) 10時52分

あいさん、こんにちは!


いつも楽しく拝見させてもらってます。


さて、核兵器の問題もありますが、軍事力というものの考え方、戦争は人を殺すし住んでいる街を破壊するのに何故犯罪ではないのでしょう。その辺りから、取材されたらどうでしょうか。特に、日本の政治家がどういう風に考えているかを私なら聞いてみたい。


このテーマは、日本人が最もしたくない議論です。なぜなら、最終的には憲法問題や安全保障の問題に絡みますからね。


戦争は、ただ相手が憎いからするのではなく、自国の国益のために話し合いで決着がつかない場合の外交上の延長だと私は考えます。


しかし、私は戦争を憎むし、いかなる戦争であっても今後は否定し続けます。と同時に国を守るための軍事力については肯定的な考えを持っています。


おそらく、多くの日本人は、戦争=軍事力なので軍隊を否定してるわけです。そして、軍事力を持たないことが戦争を回避させる手段だと信じています。話し合いをして解決すればいいではないかと。


しかし現実はというと、イラク戦争を支持してきた数少ない国の一つが日本です。


国連は、大量破壊兵器がないことを立証するのに、このまま査察を繰り返すことで目的が達成できると主張しました。


しかし、アメリカの目的は、別の様々な自国の国益のために戦争がしたかった。


その戦争を世界で一番乗りで支持した日本。平和憲法がきいてあきれます。


しかし、一方で日本としては、北朝鮮などの脅威を軍事的に、現実的に回避するにはアメリカの助けが必要です。


おそらく政治家を含めて、多くの日本人が戦争に反対しているのに、現実には国家として戦争を支持したことになります。


その根本的な原因は、自分の国は自分で守るというあたりまえのことに気付かないふりをしている日本人に問題があると私は感じています。


そして、いつも最後は政治家のせいにする。その政治家を選んでいるのは私達なのに。


アメリカの国益と、日本の国益は違うんです。しかし、そのことを議論するだけでもリスクが生じます。


この辺りのことは、はっきり言ってフリーのジャーナリストしかできないと思います。


このブログのテーマにもあった核兵器も、軍事力の一つに過ぎません。


おそらく、イランは核兵器を保有したいと思っています。それは、戦争をしたいからというのではなく、自国の安全保障に必要だと考えているからです。


核の拡散は確かに世界中にとって脅威です。しかし、一方で核を保有した国同士の戦争は、回避しようという作用に働きます。


なぜなら、相手を追い詰めれば追い詰めるほど、核兵器を使用する確率が増えるからです。


核の拡散には反対したいが、核を保有することで戦争を回避でき、安全保障という現実が手に入るという考え方も存在します。


過去、自民党の政治家が自国の安全保障を思っての核の保有の議論についての発言が問題になりました。


今、核を保有している国が好戦的でなければ、理想を求めた現実をみたいけど、アメリカは戦争について肯定的だし、中国も台湾に対して半国家分裂法なるものを可決しています。


そして、核を保有している国が、これから核を保有しようという国に対して持つなという矛盾。本当なら説得力がありません。


目を閉じ、耳をふさぎ、何も言わなければ、責任はとらずに済む私達。あるいは、将来そのツケがくるのか。神のみぞ知るというところでしょうか。

投稿: のん | 2006年2月28日 (火) 16時42分

>分かったような分からないような言葉を使って噛み付くおりこうさん的な文章に嫌悪感を持ちますね。

いやさ、核廃絶や核軍縮と臨界前実験は別件だという事です。
現に核武装している場合はそれが安全(苦笑)に管理されてるか常に十分効果的に効果が期待できるかは検証されなければならないでしょう?
そういう意味で核の存在を前にして臨界前実験を非難するのはおかしいと思ったんですよ。

投稿: トリル | 2006年2月28日 (火) 16時46分

デベロッパーのアンケートってどう処理したんですか。仕事の時間をさいて協力してくれた会社への礼儀として何らかの対応が必要でしょう。まともな広報担当者ならば、このブログをチェックしてると思いますよ。

投稿: ところで | 2006年3月 2日 (木) 07時40分

黒崎さんがせっかく書いていたのにこれですかw あーあと
偏差値というよりも一般教養のありなしが問われてますね
トリル君も、あちこちで分かったようなこと書いてますが、論客とかほめられたのは社交辞令でしょうにww
妄言sopontaと同じレベルで遊んでいるのが似つかわしいのかもしれませんね

ところで さんが質問している件、泉さんどーしたんですか??

投稿: だめボ | 2006年3月 3日 (金) 00時46分

・終わったボ
報道でもなんでもなくて、ただの感想文ですね ここ
それもツジモトとかみんす党とか 情緒的に訴えるつうか 低レベルつうか
障害があればあるだけ燃えるみたいな 五体不満足というか
それを商売にしようとしていることがばれてしまっていますね
派遣の契約切られた40近くの離婚歴ある女性が ブログブームにのって一旗あげようということじゃないですか?
手口がばれてしまっているんだから これから先は恥ずかしいだけではないでしょうか
umeさんですか、管理人も吹き込むのはやめにしてww
ビジネスモデルとしては破綻していますよ

投稿: 終わったボ | 2006年3月 3日 (金) 01時09分

核廃絶や軍縮を主張するのはアリだし、それならばそれでもはや情緒的な主張ではなく、どういう世界秩序や段階や過程でそうなり得るのか?
単なるエッセイとしてならば「可」であるモノが、あいさんの力量や影響力、手腕に期待する向きが多いようだから、そこまで踏み込まないこのようなエントリーは、単なるイメージ操作のような結果を生んでいると思ったんですよ。

立場を明確にしておく必要があるようですから言いますが、私は必要ならば日本も核武装しなければならない派です。
もちろんせずに済む、無くて済むならそれに越したことはないと思ってます。

投稿: トリル | 2006年3月 3日 (金) 16時44分

あの〜。

「十分効果的に効果が期待できるかは」なんてヘンテコな日本語書いてるのに、「世界秩序」だの「イメージ操作」だのって。。。

今のこの日本がどうやったら核武装できるのか、世界秩序や段階や過程を踏まえて説明してみたら。

核実験はどこでやるのか、ミサイルをどこに置くのか、世界一金がかかる兵器の開発費用をどうやってどこから出すのか。一度も事故を起こしていない原子力空母の寄航先を決めるのにすら政治的問題になるこの国で。
思いつくだけでも理念だの政治だのの以前に現実的な壁がいくつもあると思いますが。自分のテキトーな問題提起は気にならないんですな。

そりゃあ、「必要なら」日本だって原子力空母を持って、徴兵制を敷いて、大陸間弾道弾をこさえて、何だったら月に宇宙飛行士を送って、ワープ航法を開発して、クリンゴン人と戦ってもいいと思いますよ。
そういうのを机上の空論といいます。それこそ、誰かが言うように猿でも言えるんじゃないかな?

投稿: さっぱり | 2006年3月 3日 (金) 20時06分

心なしか厳しい意見が増えましたね。

>私は当事者個人と向き合ってみたいと思います。
>組織の中で葛藤や苦悩する人たちの想いの中に、
>何かしらのヒントがあるかもしれません。

世の中を変えていこうと思えば、当然他の人の協力が必要になり、自ずと組織的に動かざるを得ません。だからドンキホーテよろしく個人でそれをやろうとするのはエネルギーの浪費でしかありません。あいさん個人を言えば、これこれこういう方法をすると個人でもちゃーんと取材のアポ取りできますよみたいな事例を積み上げてくだけでも十分価値があります。初めて会う人に自分が何者で何が聞きたいのかってことをきちんと理解してもらい、こちらも向こうの言いたいことをきちんと理解する。そこにあいまいさやうそが含まれてしまうと取材は頓挫するんじゃないですか?あまりに基本的なことだけど、大半の人はそこで苦労しているんじゃないかと思います。当たり前はベテランだからこそ言えること。へっぽこ振りには実際に苦労した人間しかわからない情報が含まれています。だから面白いんですよ。

投稿: tue | 2006年3月 4日 (土) 12時22分

>>効果的に効果が

えー推敲もせずにテキトーに書き殴ったので変な日本語が入ってしまったのに後から気づくことが多いです。済みません。

エントリーそのものに対して言いたい事は言ったのでこの辺で此処でのレスは止めますが、日本自身の核武装が「必要なら」という条件は多分、即応部隊としての在日米軍の規模が、周辺事態へ対応する主力とはどう考えても成り得ない状態に、移行する事が明らかになった時ではないでしょうか?
簡単に言えば、米軍が日本から居なくなれば日本自身の戦略核を含めた安全保障を考えざる得なくなるだろうと言うことです。
逆に言えば、十分な在日米軍が居座る限り日本の核武装の必要性は薄いでしょう。たとえ両国の国益が異なっても。

>自分のテキトーな問題提起は気にならないんですな。

イヤイヤ、どちらにも十分気になりますよ。
脊髄反射みたくエントリーに反応したのがその証明になりませんか?

投稿: トリル | 2006年3月 4日 (土) 17時18分

カテゴリ「ネットジャ−ナリズムの行方」全部通してよませてもらいました。
一つの流れのなかであらためて見ると、興味深いエントリだなと思った。

リンク先の横浜経済新聞のランキング、面白いですね。
今の時点で、1位がメイドカフェの話題。

なんだかなぁとおもいつつ
毎日疲れているので、正直ニュース見出しを追うので精一杯です。
報道の仕方も、ユーザ側の取り組み方も、なかなか難しい問題ですね、確かに。


ちなみにカナロコ新聞の話がありましたが
あれは地元だったら入会しちゃうかもしれないなぁ、わたしは。

投稿: ぼこ。 | 2006年3月 4日 (土) 22時55分

こんばんは、犬笠です。

この英米の振る舞いは、完全に正統性を書いていると言わざるを得ないでしょう。特にアメリカにとっては、イランとの事があるから不利な材料になりそうですね。

http://ginjiro.blogspot.com

投稿: 犬笠銀次郎 | 2006年3月 5日 (日) 00時14分

寝付けなかったので起きて何気なくパソコンつけたらRSSリーダーに流れていて気になったので書き込みさせてもらいます(夜分遅くすいません。。。)

被爆国の立場から核実験に抗議するという姿勢は美談ではありますが現実的ではありません。
国際政治において力とは正義であり、力がなければ武力で脅し放題、一国の政権を転覆し放題されても文句すら言えません。
郵政民営化の背後にある米国の圧力、中国の貧困層の暴動と飢餓と環境汚染が何一つ報道されない現状を見て、国民が真面目に働いてきたのに売ることもできないアメリカ国債を買い続けて財政破綻がささやかれる国になっているのに、

まだ現実から逃げますか?この国は。

食料自給率もエネルギー自給率も極端に低い(輸入自由化で世界各国の機嫌をとってきた)、この国で財政破綻が生じたら都市部は殺し合いになりますよ。米すら作れませんから。

現にそうでしょう?イランだってハタミ元大統領の下で英米との融和を図り、核開発をせずにIAEAの査察を真面目に受け入れ続けてきたのに今は戦犯呼ばわり、アフマディネジャド大統領が何をしてもどうせ殺されるのならと公然とユダヤ批判を行うのもわかります。

この核実験に話を戻すと、日本としては
この核実験に賛同しなければなりません。

インドやイラン、中央アジアやウクライナオレンジ革命、日本の憲法改正、以上すべてが

中国を包囲するために行われています。すでにロシアvsアメリカの冷戦時代よりも危機の度合いが増した
欧州vsイスラム、アメリカvs中国の「多重冷戦」時代に突入しています。中国と日本が東アジア共同体をつくるという美談もありますが、それも内実は

日本の資産で中国国内の9億人を越える貧困層の救済や高齢者の社会保障その他国内問題を埋め合わせるための口実です。「中国の国内問題は日本の金で解決する」と彼らは公言していますので。逆に日本人が飢餓に苦しみます。国際世論も止めません。東トルキスタンやチベットで大量虐殺が行われてても誰も何も言わなかったでしょ。

国際社会はヤクザの世界です。正義などない。
ピストルの突きつけあいしかないのだから、核兵器廃絶を脳天気に叫ぶより、いかに生き残るべきかを第一に考えたほうがいい。

少なくとも、このような「国際水準」の政治スタンスを政治評論に携わる方が身につけてくださることを願っています。

                    年金が出ない20代より

投稿: 通りすがりです | 2006年3月 8日 (水) 03時34分

>通りすがりです さん

貴方こそ現実から逃げてはいけませんよ。
貴方考え付くようなレベルのことはみんな知ってるんです。
しっかり寝て、頭をリフレッシュしてください。

投稿: 通りすがり | 2006年3月 8日 (水) 08時38分

要するに中国が嫌いなんだね。

ところで、このブログ、どんどんレベルが下がっていってますね。主宰者の書き込みなりレスがないのが寂しいですね。

投稿: 僕も通りすがり | 2006年3月 8日 (水) 10時41分

>要するに中国が嫌いなんだね
日本を殺すと宣言してる国を警戒することを好き嫌いの問題で片付けるのはどうかと

投稿: | 2006年3月 8日 (水) 14時37分

何十万人も同胞を殺されたのに鬼畜米国の飼い犬になって「核兵器さんせい」と言う理由が「中国が怖いから」というのもどうかと。

投稿: | 2006年3月 8日 (水) 14時44分

ミットモナイからおよしなさいww
結局このブログは核兵器廃絶とか弱者救済とか差別撤廃とか、分かりやすいスローガンを並べて、そこで何かを言ったような気になっている方々の希望の星だったわけですな
どんどんレベルが落ちていきます 見事なくらいに
市民ジャーナリズムっていうバブルの末路でしょうね

投稿: 立ち止まり | 2006年3月 8日 (水) 15時12分

様々な意見が出てこそのネットジャーナリズムだと思います。多くの人が関われる報道サイトに期待を寄せて、応援してます。

投稿: iFinder | 2006年3月10日 (金) 00時31分

わたくしも応援していますが、かといってメールレディに資金援助をしようという気にはなりませんw
チャットレディは一日2000円程稼げると言いますが、Webカメラは高解像度のものを使ってはイケナイと、先日某所で会話した人妻が申しておりました
いやあ、ネットというのは本当にいいもんですねー
なんにでもなれるw 画像の修正もできる うつむいているととりあえずきれいだw
それに騙されるww
自己実現を目指す駅前留学とも似ています
あなたも今日からジャーナリストww まあ、いいんじゃないですかね
がんばってください

投稿: コンビニ | 2006年3月10日 (金) 04時08分

つけくわえると 泉さんは「きっこの日記」を意識していますな
でもさ 一つも二つも向こうが上手で それは文章の質とか鮫島氏が書いていた芸とかいうことなんでしょうね
前のエントリで黒崎氏がノベテいた出会い系ジャーナリズム
始めからそれでやればよかったんでないっすか
デモ画像は別の使ってねww

投稿: コンビニ | 2006年3月10日 (金) 04時12分

絵文禄ことのはの主催者である松永英明が、かつては河上イチローを名乗っていたアーレフ(オウム真理教)出家信者の福井利器であることをまだご存じないのですか。
http://espio.air-nifty.com/espio/2006/03/post_90ef.html
http://yokohama.cool.ne.jp/sinzinrui/deeva.html
自民党や民主党の懇親会にオウム信者を招き入れた貴女は公安の監視対象になっていますよ。

投稿: 読者 | 2006年3月10日 (金) 07時17分

黒崎氏が大人しいのが気になるが。

>>チャットレディは一日2000円程稼げると言いますが
20000円の間違いでは?

>>なんにでもなれるw
責任も負うわけですが。

>>泉さんは「きっこの日記」を意識していますな
それはどうかな。いや、どこがどう意識しているのか知りたい。

あとは、黒崎氏にお任せします。

投稿: 某S | 2006年3月10日 (金) 18時56分

中国の核実験にも抗議してくださいね。イズミさん。
ところで松永英明の件、説明願います。

投稿: テサロニケ | 2006年3月10日 (金) 21時08分

>某S氏
いや、呆れているというか、薄い哀しみに浸っているときは大人しいもんなんだよ(笑)
昨今名前がよく出てまいりますが。
本エントリーの質の低さは多くの方の指摘の通りなんだけれども、さておき。

オウム信者の問題は実は根が深いですね。やっぱりそうだったかというような印象。
ビジネスモデルとして完全に破綻しているここの活動が、実はなんのためだったのか。
どなたかが言う自己実現や夢とかでは、もしかすると片付けられないのかも知れない。
泉さんは読者に説明した方がいいですね。
耐震強度の公開質問状の顛末なども、同じです。

投稿: 黒崎 | 2006年3月10日 (金) 22時38分

この記事へのコメントは終了しました。

« オリンピックが開催されたけど・・・ | トップページ | ネットジャーナリズムの弱点に直面しています〜取材再開へ向けて »