« システム開発のあり方 | トップページ | ブログを共通項にした異業種交流会 »

2005年11月25日 (金)

今後のスケジュール・ちょこっと訂正

登録してくれるジャーナリスト目標100人と掲げましたが、ちょっと訂正。
昨日から知り合いのジャーナリストへ声をかけてみましたが、「もちろんできることは協力します」と言っていただけました。でも、コミュニティなどシステムの詳細が具体化していない段階で「yes」とは言えないと、口々に言われてしまいました。そりゃごもっとも。どういうシステムなのかを具体化して、それから登録のお願いをしようと思います。
それまで、ポケらぁ〜とはしていられませんので、1人でも多くの方のジャーナリストに会い、人脈を広げたいと考えています。
ジャーナリストが集まるシンポジウムの予定をご存知の方は、情報ください。
とにかく外へ出て、名刺交換しようと思います。

だから、システムの詳細が完成するまで名刺交換するジャーナリスト目標100人!!に変更です。

<文責/泉 あい>
GripForum - 報道メディア設立企画フォーラム

|

« システム開発のあり方 | トップページ | ブログを共通項にした異業種交流会 »

コメント

http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/research/symposium/2005/10.html

投稿: これとか | 2005年11月25日 (金) 20時44分

すいません、すごく素朴な質問していいでしょうか。
どうしていきなり100人のジャーナリストが必要なのですか?
気心のしれた、泉さんの理想も目指すものもある程度理解していて、ジャーナリストとしても質が高い人、それは数人かもしれませんが、きちんと目の届く範囲で初動期の何かあった時すぐに相談しあえる範囲で、まず手堅く立ち上げるという考え方はどうなのでしょうか。
そして実際に報道機関が動き出してから、出来上がった形を見せつつ徐々に規模を拡大していくという方法もあると思うのですけれど。

あと私が少し心配なのは、第一印象って大切だと思うのですけど、システムの詳細も話せない段階でとにかく名刺下さいっていう態度が、相手にどう取られるかというのが気がかりで。
ジャーナリストさん達の世界のことは分かりませんが、私もトラックバックセンターを立ち上げた時に、URLを印刷した名刺を持って挨拶回りしたんですけど、「初対面でいきなりトラックバックを送ってくれといわれても」という批判をされたこともあったんですよね。で、実際にあんまりトラックバックは集まらなかった。
民主党懇談会の小さな集まりで、お互い顔見知り程度になった方々からは、きちんとトラックバックいただきました。
そういう経験からも、「まず数」というやり方には不安を感じるのです。
もっと足元からじっくり固めていった方がいいんじゃないかな、と。

投稿: Aa | 2005年11月26日 (土) 17時29分

これとかさん
これは行かなきゃだめですよね!!
ありがとうございます

投稿: ぁぃ | 2005年11月26日 (土) 23時59分

Aaさん
できるだけ多くのジャーナリストに登録していただきたいですから、できるだけ多くの人脈を作っておきたいと思います
目標があった方が張り切れるので、目標100人です

投稿: ぁぃ | 2005年11月27日 (日) 00時04分

この記事へのコメントは終了しました。

« システム開発のあり方 | トップページ | ブログを共通項にした異業種交流会 »