« 逃したくない中枢になってくれるメンバー | トップページ | 記者クラブの表と裏 【取材記26-7/放送記者会からの回答】 »

2005年11月10日 (木)

やっぱりお金が問題

報道機関を一から立ち上げたご経験をお持ちの大先輩のところへ勉強させてもらいに行ってきました。
既に草案書はご覧いただいていたので、私の考えていることが間違っていないかどうか聞いてみました。真剣な表情で、
「素晴らしいですよ」
と答えてくださったのは、何よりうれしいこと。
ただ、既存のメディアに危機感を持ち、自分で報道機関を立ち上げたいと考えている人はたくさんいらっしゃると言います。私も今までにいろいろな方とお話ししてそうだという実感はあります。じゃあ、なんでみんながやろうとしないのかってことですよね。
「問題は資金です」
あーらやっぱりね・・・。お金持ちは、なかなかお金を出したがらないんですって!1000億円持っていたら、その1000億円をどう増やそうかと考えているらしい。貧乏人の私からすると、「なんて浅ましい」と思えるけれど、お金持ちにもいろいろな都合があるのでしょう。

大先輩が何度もおっしゃるのは、
「報道機関っていうのは儲からない」
利益を上げることを重視すれば、報道機関としての機能が弱くなると大先輩は何度も言うのです。私もそう思う。ケチんぼなお金持ちに、これから私は、
「あなたの会社が悪事を働いたら、私たちはすぐに取材します。しかも儲からないけど出資してください」
と、お金持ちにとっておいしくもない話をして、絶対にOKと言わせなくてはならないのです。その辺の覚悟はしてますけど、覚悟だけじゃね・・・。
大先輩は、OKと言わせるためには、既存のメディアを超えるものでなければならないとおっしゃいました。私自身の目指すものはそういうものだし、実現させるけど、今の何もない状況で「信じてください」と言ってみたところで、詐欺に近いよね・・・と思うわけです。お金って金額に関係なく誰にとっても大切なものですものね。
だから、収入を得られる財政基盤がないと、お金持ちは「うん」と言ってくれそうもない。大先輩のお話から、報道機関であるという姿勢を壊さない経営と報道のバランスが難しいことを知る。そこんとこの草案書は近々UPする予定です。

「10年後は随分世の中も変わっていますから、10年間計画を練ればいい」
と大先輩はおっしゃるけど、来年のお正月をどう迎えようかと言ってるくらいだから、10年待ったら私は多分干からびているでしょう。
「3年間は収入ゼロとして、人件費や家賃などの経費がこれだけかかるから、これだけ必要ですという数字は出すつもりでいますけど、3年じゃ短いですか」
と聞いてみたら、3年でもOKだって!よかったょぉ。
それにしても、大先輩、
「泉さんはいくらか用意なさっているのですか?」
って大胆質問ですよ!

大先輩は、先ず私がしなければならないことを話してくださいました。
泉 ぁぃひとりが動き回ったって、実現できるとは誰も考えないわけで、早くキーマンたちの名前を公表できるようにしなくてはならないということ。
そのためには、お金をだしてくれる人がいないと、その人の人生を預かることができないわけで・・・。
お金を出してくれる人にとっては、早くキーマンが決定しないとお金を出せないわけで・・・。
どっちを先にすればいいのやら。
悩んでないで、財政基盤をちゃんと考えるしかないですな。

<文責/泉 あい>
GripForum - 報道メディア設立企画フォーラム

|

« 逃したくない中枢になってくれるメンバー | トップページ | 記者クラブの表と裏 【取材記26-7/放送記者会からの回答】 »

コメント

今晩は。お疲れ様です。
バブル後のた打ち回りながら会社をやってきたものとして言えば、投資家が投資するに魅力的な会社をつくらなければならなくて、これは「大義」とは別の価値観が必要なのだと思います。

つまり「儲かるビジネスモデル」が描けるかどうかです。それができなければ、たとえばNPO方式にして、インカムを求めない多くの会員の会費によって運営するということですが、この場合の難しさは、小額の「株主」(NPOでは社員ですが)が乱立するということです。方針が見えづらくなります。

少数の「お金持ち」に出資を求めるならインカムのみえる収支計画なしには難しいでしょう。

ぐるぐる回りますが、資本主義とはそういうものだと思っています。で、成功する試みや会社はその両方(金と大義)が必要で、その両立のみが人を動かすことが出来るのですね。

まとまらないようですが、これが僕のこの15年の実感です。

投稿: BigBan | 2005年11月11日 (金) 01時38分

>両方(金と大義)が必要

そうなんですよね。川村かおりも歌ってる。

「愛がなきゃダメさ 夢がなきゃダメさ
 声にできるほど 強く思うんだ
 だけども
 愛だけじゃダメさ 夢だけじゃダメさ
 それが悲しくて叫べなくなる僕だよ」

だから、夢のあるあいさんは、まず、資金繰りや経理に明るい人をまず確保すべきだと思います。すでに確保してるとしたら安心ですが。
企画運営で走る人と、財布を守る人で役割分担するといいでしょうね。

投稿: まつながひであき | 2005年11月11日 (金) 03時17分

「理想と現実」ジャーナリズムにはつきものです。
問題になさっている既存メディアも最初はあいさんのような理念の元にはじまったんですよ。(苦笑)

一度、別のアプローチ、メディア研究者の大学教授と話をしてみると違う視点が開けるのではないでしょうか?

投稿: yumi | 2005年11月11日 (金) 08時29分

資本のある所に負けないでね。

投稿: 幸子 | 2005年11月11日 (金) 08時47分

BigBanさん
なるほど
経験者の意見ですね、参考になります
「儲からないけど共感してください」だけじゃね・・・
ありがとうございます

投稿: ぁぃ | 2005年11月11日 (金) 09時54分

まつながさん
>企画運営で走る人と、財布を守る人で役割分担するといいでしょうね。

その通りなんですょね
経理に明るい人も現段階では考えていませんでした
具体的に考えてみます
ありがとうございます

投稿: ぁぃ | 2005年11月11日 (金) 10時27分

yumiさん
>問題になさっている既存メディアも最初はあいさんのような理念の元にはじまったんですよ。(苦笑)

大先輩もそうおっしゃっていました
ただ、はじめた人は資産家だったという話でした


>一度、別のアプローチ、メディア研究者の大学教授と話をしてみると違う視点が開けるのではないでしょうか?

必死になっている分、見えていないことがあるのかもしれませんね
ありがとうございます

投稿: ぁぃ | 2005年11月11日 (金) 10時32分

幸子さん
気持ちは誰にも負けてないんですけどねぇ・・・
でも、気持ちが一番大切じゃんって思ってます

投稿: ぁぃ | 2005年11月11日 (金) 10時32分

資金に関してはフェーズを2つに分けたほうがいいんじゃないかと。

まず、イニシャルの部分。
ここは誰かにまとまった資金を提供してもらうしかないです。
ですので、将来のリターンを保障するモデルが必要です。
リターンがあると思えば、大義関係なくお金は集まります。

次に安定したサイクルを確立する部分。
これは、「ジャーナリズム」の機能を維持するために、
特定のスポンサーを排除し、直接の利益享受者である
「読者」のお金で会社を回すべきです。
とはいえ、無料でニュースを見られる現在では、かなり困難。
しかし、これが出来ないと他のメディアと同じになります。

うーむ。言うは易し、というやつですな。

投稿: イケメン | 2005年11月11日 (金) 20時46分

イケメンさんへ
むずかしぃですよね〜
でも、むずかしいから考えるの楽しいと思いませんか^^

投稿: ぁぃ | 2005年11月12日 (土) 18時34分

この記事へのコメントは終了しました。

« 逃したくない中枢になってくれるメンバー | トップページ | 記者クラブの表と裏 【取材記26-7/放送記者会からの回答】 »