« 公示日後 新党日本・田中康夫代表街頭演説 | トップページ | 公示日後 民主党・岡田代表街頭演説 »

2005年9月10日 (土)

公示日後 公明党・神崎代表街頭演説

9_8_kanzaki 9月8日 大阪市住之江区・スーパーカナエ前

<ビデオ/wmv/13分>
1m_01
「神崎代表、元気いいなぁ」
ビデオを再生して、神崎代表の第一声を聞いての私の感想です。
テレビで、これだけ元気良く大きな声ではきはきと話している神崎さんを見たことはありませんでした。ちょっと意外です。

拍手や歓声も大きく聞こえたので、ビデオ撮影をしてくれた関西のくまさんに、演説を聞いている人たちの数が多かったのか聞いてみたのですが、
「異様な雰囲気やったで。他の党とは全然違うな。」
と、ちょっと引き気味。
神崎さんの言葉に、
「そうだそうだ!」
と声を上げたり、拍手をして盛り上げたり。
親戚でもないだろうにね。
そんな熱気の中での演説だからかと、こんなに元気がいい神崎さんに納得できました。
熱狂的な声援を受けられる神崎さんのリーダーシップをもっと知りたいとも思います。

私は、遠山清彦さんにお会いしてから、公明党に対する意識が随分良い方向に変わってきています。
でも、この演説を見た時、以前持っていた嫌悪感が蘇ってきました。
その嫌悪感が、公明党自身のものではなく、それを取り巻く人々に対するものだと気づき、それは公明党にとってマイナスではないのかなぁと思います。

同時に、アメリカの総選挙を考えた時、同じように熱狂している人々の姿を見ることができ、これが本来の選挙の形であって、私自身が選挙を自分の生活と切り離して考えているのかもしれないとも思えるのです。
選挙日を明日に控え、まだ投票したい政党を見つけ出せていない私の方が置いていかれているのかしら。

<文責/泉 あい>

|

« 公示日後 新党日本・田中康夫代表街頭演説 | トップページ | 公示日後 民主党・岡田代表街頭演説 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。