« 台風やばいょ | トップページ | 勝てる雨傘カテール »

2005年9月 7日 (水)

公示日後 国民新党・綿貫民輔代表街頭演説

Watanuki 9月4日 富山駅前

<ビデオ/FSストリーム/18分>
>>綿貫代表ビデオ(JANJAN)
ぴっちり櫛が通った髪。シワ一つないワイシャツ。がっちり結ばれたネクタイ。
「ぁぁ、この人昔の人なんだなぁ」って思います。
プロフィールを見ると、「昭和2年4月30日生まれ」とある。
80歳前の人が先頭立って新しい政党を立ち上げなきゃいけないほど、小泉政権には問題があるのでしょうか。

演説の内容から、綿貫さんが自民党にこだわっていると感じられます。
改めて自民党という政党は、日本にとって何なのだろうと、国民新党の代表の演説を見て考えさせられます。

*注1 今回のビデオはインターネット新聞JANJANの協力を得て、関西のくまさんが撮影してきました。
ですので、JANJANと動画共有ということで編集をあちらにまかせた経緯があり、フォーマットはWMVではありません。
しかし、同じ人、同じカメラで撮った動画が圧縮フォーマットでここまで違うのかってくらい綺麗ですよね〜

*注2 動画再生をクリックするとプラグインのインストールがはじまります。
プラグインのインストールが始まらない方はファイアーウォールの設定は切ってみてください。
詳細はこちら

協力:インターネット新聞 JANJAN

<文責/泉 あい>

|

« 台風やばいょ | トップページ | 勝てる雨傘カテール »

コメント

あい様、はじめまして。
いつも読ませて頂いております。
街頭演説、大変興味深く拝見致しました。
本当に綺麗な画像で驚きました。
地元富山では、やはり綿貫さんしかいない!というのが大方の思いですが、今回「自民党」からではないという点が、唯一憂えるところです。その辺の事情を有権者の皆さんに理解してもらうために、どうしても演説の内容がその一点に偏ってしまいますね。しかし今回「国民新党」を立ち上げたやむを得ない事情さえ理解してもらえば、一気に票は獲得できるでしょう。それほどまでに地元の綿貫信望は厚いのです。自民党を愛してやまない綿貫氏が、かつて一致団結し日本を導いてきた(と思われる)良き時代の自民党に再建しようと、78歳が奮い立ったわけです・・。

投稿: 社長婦人ウィドー | 2005年9月 8日 (木) 14時34分

社長婦人ウィドーさん
はじめまして
富山では、自民党の綿貫さんということで、今まで票が集まっていたのですかね
自民党の力って大きいですねぇ・・・

投稿: ぁぃ | 2005年9月 9日 (金) 14時18分

この記事へのコメントは終了しました。

« 台風やばいょ | トップページ | 勝てる雨傘カテール »