« 記者クラブ制度を考える訴訟 | トップページ | 地震が起きて〜中島美嘉コンサート »

2005年7月23日 (土)

記者クラブの表と裏 【取材記18回目/警視庁と記者クラブへの質問】

今までの取材で、記者クラブの閉鎖性が問題で、中でも警察関係の記者クラブがその傾向にあるとわかり、それを検証するために、警視庁と3つの記者クラブへ取材交渉をしています

今回の取材は、いろいろな場所へ電話をかけては、はぐらかされ、また日を改めて電話し直すと、別の人が出て全く違う待遇を受ける
ひとつの答えを導き出すために、これだけの労力がいるのかとヘロヘロになりながら、世の中のジャーナリストたちのバイタリティーに脱帽しています
どうやって進めばいいのか立ち止まりながらでも、進んでいます

そこで、これから行うの取材内容を整理させてください
自分のメモとしての意味もありますが、読者の方からご意見を聞かせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします
取材の目的は、記者クラブが閉鎖的なのかを検証すること
(私が記者クラブへ加入したいのではありません)

一度回答をいただいた「七社会」へは、再度FAXで取材の申し込みをします
質問の内容は、
● 七社会は何を目的としている団体ですか
● 「個人での入会はできません」と回答をいただきましたが、それはなぜですか
● 「入会を希望する報道機関には入会手続き等をお知らせします」とのことですが、実際にどのような手続きが必要なのですか
● 入会できる機関の基準や、入会までの過程などを具体的に示したガイドラインはあるのですか
これらの質問から、七社会が情報を独占しようとしているのかを検証したいと思います

田中良紹著「メディア裏社会」(講談社)には、
「朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、東京新聞、日本経済新聞と共同通信がメンバーの『七社会』、産経新聞、時事通信、NHKなどが所属す『警視庁記者クラブ』、そして民放各社の『警視庁ニュース記者会』である。最初にできた『七社会』が、その名前のゆえに八社目の加盟を認めなかったことから、クラブが一つにならなかった。戦後、民間放送がスタートしたとき、どちらのクラブにも加入を認められず、三つ目のクラブができた。」
と書かれています
警視庁記者クラブと警視庁ニュース記者会には、情報を独占しているのかを検証するだけでなく、新しく立ち上げた時の経緯を聞き、七社会や警視庁との力関係を知りたいと思います
● 何を目的としている団体ですか
● 新規に加入することはできますか(できないのならその理由も)
● 新規加入者に対するガイドラインはありますか
● なぜ既存の記者クラブである「七社会」に加入せず、新しい記者クラブを立ち上げたのですか
● 立ち上げる際、警視庁へどのような働きかけをしたのですか

記者クラブの閉鎖性を検証する時、情報を流している警視庁へも取材交渉する必要があると考えています
警視庁は、記者クラブにだけ情報を流しているのでしょうか
次の質問から、警視庁が情報を外部へ流すことに対してどう考えているのかを探ってみます
● 記者クラブに出している発表を加入者以外が閲覧することはできるのですか
● 情報を記者クラブにしか流していないのなら、それはなぜですか
● 新しい記者クラブを作るとすれば、どういう条件を満たせば認められ、情報を出していただけるのですか

警視庁記者クラブと警視庁ニュース記者会には、既に電話で取材の申し込みをしました
来週には何らのお返事がいただけるそうですので、待ちたいと思います

<文責/泉 あい>
GripForum - 記者クラブの表と裏スレッド

|

« 記者クラブ制度を考える訴訟 | トップページ | 地震が起きて〜中島美嘉コンサート »

コメント

あの七社会相手になかなかオモロイことをやってますね(笑)。私に言わせれば、連中なんて、権力を撃つジャーナリストなんかではなくて、単なる「ケーサツの飼い犬」なんですから、飼い犬に自分のアタマでモノを考えてコメントしてくれって言ったところで、それは無理というものですよ(笑)。連中のホンネは「うるせえ小娘が、何だかわけのわからんことを言って、まとわりついてるよ」ってところでしょう。こういうのは、粘り強く、ひとつひとつ手続きを踏んでいって壁を突破していくことです。そうやって直球を放り込んでいくことです。このやりとりをオープンにするだけでも、記者クラブなる権力機構でアグラをかいている連中の思考停止ぶりがわかって面白いです。七社会にいる連中の「裸の王様ぶり」がよく見えてきます。

投稿: 古川利明 | 2005年7月24日 (日) 18時12分

古川さん
相変わらず過激ですね
その強さが欲しいです

おっしゃるように直球勝負で参ります
変化球の投げ方知らないので・・・(模索中)

力の出るコメントをありがとうございます

投稿: ぁぃ | 2005年7月25日 (月) 22時21分

この記事へのコメントは終了しました。

« 記者クラブ制度を考える訴訟 | トップページ | 地震が起きて〜中島美嘉コンサート »