« 記者クラブの表と裏 【取材記8回目】  | トップページ | 記者クラブの表と裏 【取材記9回目】 »

2005年6月 4日 (土)

覚書って読んでもらえてますか?

今回の「記者クラブの表と裏」というテ−マでは、連日長いQ&AをUPしています
私は、自分でもこの長い覚書を読むのが苦痛なのですが、読者のみなさんには、読んでいただけているのでしょうか?

はじめは、ジャ−ナリストとして未熟な私を導いていただくために、全てを公開しようと決めたことでした
試行錯誤もありましたが、インタビュ−の内容をオ−プンにしているのには、理由があります
私がはじめに答えを決めて、それを出すために、私にとって都合のいい部分を抜粋して書いているのではないと、読者の方に理解していただきたいということ
そして、読者の方それぞれの答えを出していただきたい
その考えは正しいかもしれません
でも、今の覚書は、論文のようだと私自身は感じているのですが、いかがでしょうか

一般に書かれている記事の形は、「読みやすさ」という面を長年追求した結果なのかもしれない
そう気づきました
どの部分が重要なのかを読者に印象付けるには、私の今のやり方では、ぼやけてしまいます
確かに、インタビュ−の要点を取材記の中に入れて書くのは、高いスキルが要求されます
だから、本当は気づいているのに、やり方を変えるのがこわかったのかもしれません
でも、せっかく書いても読んでもらえないのは、インタビュ−を受けてくださった方に申し訳ない
やっぱり、ここでひとつ腹をくくって、やり方を変えてみようと思います

新しいやり方というのは、お話していただいたことをそのままQ&Aにするのではなく、要点を抜き出して、そこから私が考察するという形です
そうすれば、お話してくださった方の気持ちも伝わりやすいし、読みやすくもなると思うのですが・・・
ご意見聞かせてください

今までインタビュ−させていただいて、まだ取材記を書いていないという方には、これから連絡します
了承を得られれば、取材記の中に要点を入れるやり方にしようと思います

読んでいただくためには、読みやすさということを優先に考えるべきでした
これからも試行錯誤して参りますが、お気づきの点があれば、教えてください
これからも「Grip Blog」をよろしくお願いします

|

« 記者クラブの表と裏 【取材記8回目】  | トップページ | 記者クラブの表と裏 【取材記9回目】 »

コメント

覚書、私は読んでます。
ただ、仰るとおり、今までのスタイルよりは読むのにパワーは要ります。
動画という手もあると思うけど・・あくまで「書く」のにこだわりたいんですよね?

もしバランスが気になっていて 
もしもがんばれそうなら、どっちもUPという道もあるかもしれないとか・・・ 

ただ、精神的にはかなり厳しい選択だと・・思うけど・・・

投稿: ぼこ。 | 2005年6月 5日 (日) 01時29分

ぽこ。さん
書くことにこだわってはいないですょ
動画もいずれはやりたいと考えています
今は、カメラを買ったり、編集ソフトを勉強する余裕は、正直ないですけどね・・・

読んでくださっている方がいると知って、すごくうれしいです

投稿: ぁぃ | 2005年6月 5日 (日) 04時07分

わたしも読んでいますよ、覚書。
というか、覚書を読むのが楽しくて、GripBlogのファンになったのです。

他にはなかなか無いですよ、こういうスタイルを採っているところは。
押し付けがましくなくて、私は気に入っています。

でも、いろいろと試行錯誤されるのも良いかもしれません。
上手くいかなかったら、戻せばいいだけですから。

投稿: げんざえもん | 2005年6月 5日 (日) 06時37分

取材を受けたときにもお話しましたが、泉さんの取材、執筆スタイルはよくわかりますし、自分でいいと判断されたやり方でやられたらいいと思います。ただ、録音テープを再生するやり方というのは、取材でかかった以上の労力と時間をそこで費やされます。糖尿病を抱えて仕事をされているわけですから、そうした疲労の蓄積は大変なものであると、推察します。確かに発言者の真意を捻じ曲げる意図的な編集はやってはなりませんが、不必要な枝葉に囚われていると大事な幹の分析、解釈に費やすエネルギーがなくなってしまいます。ですから、いろいろと試行錯誤を重ねていきながら自分に合った取材スタイルを構築していかれたらいいと思います。

投稿: 古川利明 | 2005年6月 5日 (日) 12時16分

今の覚書のスタイルは、言葉の端々から伝わってくるものもあって面白い一方、かなりのボリュームがあるので読むのに気合がいるのも正直なところです。
そして、これだけの取材を忠実に再現する労力と時間は私も身を持ってわかるだけに、あいさんよくこのスパンで続けてるなあ……と、感心もし、心配もしていました。

私の今の仕事は「はじめに紙面ありき」ですので、Q&A形式にしろ叙述形式にしろ、限られた紙面を埋めるのに十分な話を引き出せたら、そこでテープを止めます。が、あいさんのように問題を追及していると、いくら時間をかけても足りないという場面もあると思います。その取材内容をそのまま伝えるのは、ますます大変でしょう。

実際の取材の現場では、話がアッチへ飛んだりコッチヘ飛んだりする人もいるし、こちらの質問の意図が上手く伝わらず、頓珍漢な答が返ってくる場合もあります。
そこで書き手の編集が入るわけですが、そのベースを「こちらが書きたいこと」ではなく、常に「相手が言いたいこと」に徹すれば、発言を捻じ曲げる結果にはならないはずです(自慢めいてしまいますが、私の取材記事は、読者の評判はともかく、取材相手には感謝されることが多いです。「言いたいことを簡潔に解りやすくまとめてくださってありがとう」と)。

まず、取材の記事は記事として、書き手の意図や考察を差し挟まずに伝える。
その上で、改めてあいさんの分析や解釈、意見を書く。
そうしたやり方であれば、客観性や公正さを保てるかと思います。

投稿: 美也子 | 2005年6月 5日 (日) 15時17分

ゆっくり読まないといけないのですが
仕事の合間には難しいですね。
スタンスとしては良いと思います^_^

投稿: 某S | 2005年6月 5日 (日) 18時45分

げんざえもん さん
私はひとりでやっているので、身軽です
柔軟に試行錯誤しながら、その時に「これがいい」と思うやり方でやろうと思います
その時々で、読者のみなさんのご指導を仰ぐこともあるかと思いますが、その時はまたご意見をお聞かせください
コメントくださってありがとうございます

投稿: ぁぃ | 2005年6月 7日 (火) 10時27分

古川さん
>録音テープを再生するやり方というのは、取材でかかった以上の労力と時間をそこで費やされます
おっしゃる通り、テ−プ起こしは時間がかかります
もちろん疲れるけど、糖尿病は言い訳にはなりません
病気を抱えて働いている方は、いっぱいいらっしゃいますものね

新しいやり方は、思考力と文章力が物を言いますので、必死で頭をひねっています
古川さんの文章は、わかりやすくて媚びなくて潔いですよね
ユ−モアもある
私にとっては、読者の方が鬼軍曹
厳しいお言葉も覚悟しています
ありがとうございます

投稿: ぁぃ | 2005年6月 7日 (火) 10時41分

美也子さん
いつもありがとうございます
>実際の取材の現場では、話がアッチへ飛んだりコッチヘ飛んだりする人もいるし、こちらの質問の意図が上手く伝わらず、頓珍漢な答が返ってくる場合もあります。
その通りで、私の質問が的確に表現できていないこともあり、長いインタビュ−をまとめるのも力が必要です

>そのベースを「こちらが書きたいこと」ではなく、常に「相手が言いたいこと」に徹すれば、発言を捻じ曲げる結果にはならないはずです
このお言葉は、古川さんの取材記を書くに当たって、参考にさせていただきました
テ−プ起こしの中から、伝えてほしいという言葉を抜き出して、つなぐという作業をしてみました

また、取材記を読んでくださった方からのコメントを頼りに、試行錯誤して行きます
ありがとうございます

投稿: ぁぃ | 2005年6月 7日 (火) 11時01分

某S さん
ここにUPする文章は、宿題ではないので、読者の方が面白くないと思えば、全く読んではいただけないでしょう
せっかく来てくださった方が、読まずに去ってしまわれるのは、もったいない!
>ゆっくり読まないといけないのですが
「ゆっくり読みたい」「ゆっくり読める」と感じられる文章を書かないとだめですよね
努力します
ありがとうございます

投稿: ぁぃ | 2005年6月 7日 (火) 11時05分

私も、読むのに時間がかかるので読み始めるタイミングを探してから気合いを入れてになりますが、
覚書は毎回読んでいます。
私は1カ月ほど前から読み始めたので、それ以前の記事を読んでいなかったのですが、自分の時間の合間を見て、
初めから全ての記事を読もうと思っているところです。
そういう場合、覚書があると、自分で色々と判断することが出来てとても有益です。
今のように、冒頭であいさんの感想などがまとめてあり、一緒にインタビューの要点も新聞や雑誌の記事のようにまとめた上で
現在の覚書を残すというスタイルができれば一番良いのだろうとは思いますが
これはあまりにも労力がかかりますよね。
個人的には覚書は残して頂けた方が嬉しいと思いますが、ブログやサイトを定期的に更新するのは
とても根気の要る作業になり、著者が楽しみながら出来るようなやり方でないとなかなか続けられないと思いますので、
続けることを第一に考えて、あいさんのやりやすいやり方でやってもらえれば良いと思います。

投稿: ハーミット | 2005年6月 7日 (火) 12時45分

ハーミットさん
労力については、実はどのやり方も同じくらいかかるかもしれません
ぃぇ、新しいやり方の方が時間がかかっている気がします
まだ慣れていないこともあるんでしょうけど
楽できるやり方を探そうとは思っていないんですけど、あんまり大変なのも、おっしゃる通り続かないものですよね

はじめから読んでもらえるなんてうれしいです
そして緊張します
自分の中でも、自信があるものとないものがあるんですよね
内容についてのご感想ももちろんですが、どのテ−マが面白かったか聞かせてもらえると、テ−マを選ぶ苦労が少し減るかも・・・

これからもよろしくお願いします

投稿: ぁぃ | 2005年6月 9日 (木) 22時05分

この記事へのコメントは終了しました。

« 記者クラブの表と裏 【取材記8回目】  | トップページ | 記者クラブの表と裏 【取材記9回目】 »