« 中国人に問う「あなたは反日ですか?」  | トップページ | セクハラを受ける私って・・・ »

2005年4月29日 (金)

競走馬の現実 【取材記1回目】

Zennoroburoi2 満を持して取り組む今回のテ−マは「経済動物」
その中でも、競走馬を取り上げます

SMAPの中居くんが出演する派手なCMが毎日のように放送され、競馬の世界はとても華やかなように見えます
でも、サラブレッドの誕生を「生産」と称すように、競走馬の命は、人間の都合に左右されています
しかも、その都合とは「お金」です
それ故馬たちは、走るために調教を受け、生きるために良い成績を残す努力をさせられているのです

私は、トウカイテイオ−の美しく気高い姿に魅了され、ビギナ−ズラックを経験し、個性豊かな馬たちがいることを知り、競走馬にハマりました
そして、タ−フから去って行く馬たちの現実も知ることで、抜けられなくなっています

競走馬が現役でいられる時間は短い
だからしっかり見つめていよう
競走馬は、命を懸けて走っている
だから、いつまでも記憶に留めておこう
そう思いながら、毎週競馬が気になって仕方がないセンチメンタルな人間です

競馬界は、馬優先主義なのか、JRA優先主義なのか、馬主優先主義なのか、フアン優先主義なのか
競走馬を知って10年
今まで見えてこなかった競走馬を取り巻く現実を明らかにしたいと思います

 画像は2004年の年度代表馬ゼンノロブロイが優勝したジャパンカップです

|

« 中国人に問う「あなたは反日ですか?」  | トップページ | セクハラを受ける私って・・・ »

コメント

動物を取り巻く環境は苛酷です。
経済動物って言葉はいつから生まれたのでしょうか。
いい成績を残せた競走馬は最期の日まで牧場で過ごせたりもしますが1%居るのでしょうか。
命の重さはみんな違うのでしょうか。
心が痛みます。

投稿: miho | 2005年4月30日 (土) 08時10分

お初です。どこまでご理解しているか解りませんが、種牡馬なれても全ての馬が幸せに
なれるわけではないということを念頭に取材されることをお願いします。JRAだけでものを
考えると核心に迫れないと思いますので、そこら辺も宜しくお願いします。期待してます。

投稿: 某S | 2005年4月30日 (土) 15時17分

この記事へのコメントは終了しました。

« 中国人に問う「あなたは反日ですか?」  | トップページ | セクハラを受ける私って・・・ »