« クリック募金に見る善意とは?  | トップページ | 知ってる人がテレビに出てた!!  »

2005年4月13日 (水)

中国人に問う「あなたは反日ですか?」 【取材記1回目】

「反日」と聞くと胸が痛みます
今回の中国の反日運動も、はじめは正直「またか・・・」と感じていたのですが、それでは済まされない状況になってきました
テレビの中では、暴動が起き、普通の日本人留学生までもが突然殴られたと言っているのに、新宿では今日も中国人らしき集団が、我が物顔で右往左往しています
あまりにも熱い暴動のシ−ンを見せられているので、中国人観光客の楽しそうな笑顔を見て呆然としてしまいました

中国人の中に「反日」が根付いているのか、本当のところが気になります
日本にいる中国人の方々は、あの報道をどのような気持ちでご覧になっているのかも知りたいので、お話を聞いてみようと思います

世の中驚くことばかり!」より

ある、とても賢い中国人とお話した時。たまたま南京事件の話になったのさ。
「確かに、たくさんの中国人が殺された」
「・・・・やっぱり・・・・・」
「いや、日本人が殺したんじゃないよ。中国人に殺されたんだ」
「えぇー?!」
「知らないのか?国民党が殺したんだ。そのあとは共産党が殺した」
「はぁー」
「日本の軍人なんて、あいつらに較べたら・・・・・ちっとも怖くなかったよ」
漢字の筆談とヘタな英語で意思の疎通をしたので、微妙なところが判らなかったけど。

過去に何があったのか図書館で調べていますが、日本と中国の見解は異なっているようです
日本が侵略したという事実は確かにあります
それをどう受け止めているのかは、きっと同じ中国の方の中でも個人によっていろいろなんでしょう

中国という国が、日本のやってきたことをどう受け止め、子供たちにどのように伝えようとし、そしてどう伝わったのか
中国を知ることは、日本を知ることだと考えています

|

« クリック募金に見る善意とは?  | トップページ | 知ってる人がテレビに出てた!!  »

コメント

あいさん、こんばんは∈^0^∋
本当にそうですね。事実は事実として受け止めなければいけないと思います。
 ただそれを、反日に反中に考えをつなげてはいけないと思います。反日、反中につなげてしまう教育をすると、偏った考え方がどうしても、根付いてしまいます。一対一だと、理解できるのが、国単位になるといがみ合うとはどういうことなのでしょうか?
 不思議ですね。
くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2005年4月14日 (木) 00時33分

くまさんがおっしゃっているのは、きっと「常識」ってことですよね
私も大切なのは冷静さだと肝に銘じて、報道を見ています
個人レベルでどう考えているのかってことを知りたい衝動に駆られています

投稿: ぁぃ | 2005年4月14日 (木) 02時10分

TB&紹介ありがとうございました!
第2次大戦当時の消息をしる人が減って、今は日本も半島も中国も戦後教育を受けた人が多数派です。
この戦後教育が、現在の東アジアの状況を歪ませている大きな原因の一つですね。

投稿: 鮎川龍人 | 2005年4月16日 (土) 05時01分

あいさんこんにちは。
中国には仕事で行ったことがあります。

私は反中でも親中でもないし
中国人には好きなところも嫌いなところもあります。
でも、それは日本人に対しても同じですね。
中国の人だって、一度1on1でつきあったら石は投げれないでしょう。

私は中国人と接してみてはじめは
「うわー思いっきり変な国だなぁ。なんかえぐいし激しいし・・でも素直で飾り気のない気持ちいいやつらだなあ」と思いました。
そんで、たぶん向こうも
「うわー思いっきり変な国だなぁ。意味もなくへらへらしちゃって、何考えてんだか。あー薄気味悪い。でもなんか女性はすごくやさしい人が多い(*)な?」
とか思ってたんじゃないか?笑。
(*やさしい人が多いな、のくだりは言われた言葉です)

結局、お互い常に顔をつき合わせて暮らしているわけじゃなし、
付き合いがわからなくなってるんじゃないかなとも思う。
中国人も日本人も大部分が、隣国の名前は知っていても
一人一人のことまで想像できないんじゃないかなと。
それに「反中」という言葉における「中国」という、
どこか人格的な意味をもつ言葉にしても
農村部と都市部でも意味が全然違ってくると思いますし。
未だ、近いのに遠い国なんでしょうね。

きっと初めて出会った中国人=中国人像、になる確立が高いと思いますが
(あの国にはかなり個性様々な人がいるから感想は本当に様々でしょうね)
ネットでの過激な書き込みからのみ
中国人を想像する人が増えるのでは
というのがちょっと心配ではあります。


きっと経済が両国に友好をもたらしてゆくと思います。
時間はかかるでしょうが。
好きでも嫌いでも、仲良くやっていくのが大人ってものではと、
個人的には思いますね。外交云々はわかりませんが。
ちなみに、共産党は堂々とできずに大変そうだなと言うのは、
昨年北京でひしひしと感じました。

今日、向こうの日本人が無事に過ごせるとよいのですが…
集団と言うのは、やっぱり心配ですからね・・・。

仕事でいってから始めた勉強なので
まだまだ中国のことはわかりません。
でもまぁ極端なことを言っちゃえば、1億ウン千人の
中国観があるはずですから。
…ですのであいさんの記事、楽しみにしています。

ちょっと長くなりましたね。
ではでは。

PS.それから、面白い本があるのでご紹介まで。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4884740912/qid=1113593657/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/249-6119483-1845121

投稿: ぼこ | 2005年4月16日 (土) 05時19分

鮎川龍人 さん
国が行う教育に加えて、おじいさんやおばあさんが孫たちに伝える家庭内でのことも、今回のテ−マを考える時避けては通れないと思います

ぽこさん
実体験を話してくださってありがとうございます
私は、たとえ嫌いであっても石を投げてはいけないと考えます
世の中には常識ってものがありますから・・・
自分の考えは主張するべきですが、石を投げて訴えるのは非常識です
ただ、中国全体が非常識なのかと疑問を持っています
石を投げたいけど、大人気ないから投げないで我慢をしているのか
それとも、石なんて投げるのは間違っていると思っているのか
本音を知りたいです

投稿: ぁぃ | 2005年4月17日 (日) 02時52分

中国の総人口は13億で
投石しているのはそのなかのウン万人です。
行動面では、賢い人もいれば、愚かな人もいるのかなと思います。
すっごい個人的な意見ですが、やってる人らはあんまし色々考えてないんじゃないかな…(^^;) (中心が江沢民の反日教育世代という意味的に…)

なんだろう・・日本でのネットにおける理性を失った反中の動きと
よく似ているように思いませんか?

それから、中国人の気質は日本人とは全然違うんじゃないかな?とも思います。
彼らの多くは、日常喧嘩する時は呆れるくらいケンケンガクガクに全力で喧嘩しますから。
中国人同士の喧嘩のやりとりに圧倒されて、
仲裁しようにも口を挟めなかったことは幾度かありましたね。
最後の頃は慣れちゃったけど。笑。いや、というか、それが彼らの文化であり習慣なのだなあと。
全体的に日本人ほど「常識」とか「礼儀」とか重視しないストレートな気質な面もある気はする…(^^;) 
いや、だからこその良い面もあると思うけど。

今回の行動は日本人と面識のない中国人が
「日本人」というより「日本政府」にたいして行なっている行動のように感じてはいますが、
直接話を聞いたわけではないので実際のところはわかりません。
それから日本人は賠償金という言葉に敏感ですが、
中国人が金の問題をそれほど重要に思っているのかどうか、それも少し気になりますね…。
自然発生的、というところあたり、心の問題のほうが大きいのでは、と個人的には思いますが。

そうですね、そんな本音への取材を…期待してます。やはり仕事がからむと、中国人へのそういう質問は難しいので。
当時はサッカー暴動後での渡中でしたので、思い切って切り出してみましたが、返事はもらえませんでした。
私も今回の件、非常に気になる問題です。

もしかしたら学園闘争を経験している
団塊の世代なんかに若い頃の話をきいてみるのも、面白いかも、しれませんね。
語りたがらないだろうけど…。


ネット情報主導での取材活動へのミスリードがこわいので
ここらへんで書き込みは打ち止めにしますが
気になったURLをいくつか書いておきますね。

ともかく、あいさんらしい取材を期待しています。
それでは。


上海に住む日本人のつくっているサイト
http://www.chinatomy.com/

Yahoo掲示板での上海暴動写真へのリンク
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=NW&action=m&board=1143582&tid=ffccf4x78&sid=1143582&mid=58152

日本の謝罪経歴
http://ja.wikipedia.org/wiki/日本の戦争謝罪発言一覧

投稿: ぼこ | 2005年4月17日 (日) 03時38分

ぽこさん
私も、インタ−ネット上での激しい書き込みをする人たちが、日本にもたくさんいるので、中国にもきっといるだろうと考えます
取材に応じてくださる方が、彼らについてどう考えているのかも聞いてみたいです

投稿: ぁぃ | 2005年4月18日 (月) 23時51分

どんな記事がUPされるのか
ちょっとどきどき、というか正直少し緊張もしてます。
「あいさんのblog」にとっても
非常に難しい問題を扱う可能性のある記事でもあるでしょうし・・。

しかしジャーナリストでなければできない事ですね、これは本当に・・・。

投稿: ぼっこ | 2005年4月19日 (火) 23時04分

南京大虐殺ですが、昔一人旅で中国の凄い田舎に行ったんですが南京大虐殺の話題は結構出ました。どう思うんだ!みたいな感じで。たぶん彼らにとって初めての日本人だったと思うんですが、初対面でなんだ、こいつら、と思いました。なので、世の中驚くことばかり!の話はちょっと信じられません。

これからも頑張ってください。私と同じ年ですね。学年は私が上だと思うんですが。左のおばちゃんOLってのやめてください。私はまだまだおじちゃんだとは思ってません。

投稿: やまちゃん | 2005年4月22日 (金) 21時50分

この記事へのコメントは終了しました。

« クリック募金に見る善意とは?  | トップページ | 知ってる人がテレビに出てた!!  »