« 新潟中越地震に見るマスコミの教訓 【新潟〜取材記2日目】 | トップページ | 新潟中越地震に見るマスコミの教訓 【新潟〜取材記3日目】 »

2005年1月12日 (水)

取材ネタの募集

まだ始まったばかりのGripBlogです
読者も少なく不安いっぱいな毎日ですが、取材したい!って気持ちはへこたれません
やる気はだけには自信があるのですが、
日々取材に追われ、新しい取材対象を考えてる余裕がないんです
一応、週刊ってうたって1週間1記事を目指していますが、新しい取材対象を考える作業が毎週末だけになって、やっつけ仕事になってる感が・・・

そこで相談なのですが、みなさんから取材してほしい時事ネタを提案してもらえないでしょうか
取材方法も文章も未熟な私ですが、
どんな内容でも体当たりで手を抜かずにやります
例えば、
「小泉首相に自衛隊派兵の真意を直接聞いてこい」や
「小倉智昭にカツラ疑惑の真相を聞いてこい」など
むちゃで不可能だと思われることでも、
興味をもてれば取材してきます。
結果はどうでるかわかりませんが、必ず体当たりで取材してくることを誓います
勝手なお願いですが、どうかご協力をお願いいたします。

*取材内容についてのご意見やご提案は、
このエントリーに「コメント」として投稿してください

|

« 新潟中越地震に見るマスコミの教訓 【新潟〜取材記2日目】 | トップページ | 新潟中越地震に見るマスコミの教訓 【新潟〜取材記3日目】 »

コメント

ちょっとキツい感想をいいます。
「日々取材に追われ、新しい取材対象を考えてる余裕がないんです」・・・これは、新聞記者には、絶対、禁句です。
新聞記者は、森羅万象のカオスの中に問題を見つけ、それをえぐり出すのが仕事、得体不明の混沌に明晰な言語で、その実体を明かしてみせるのが仕事です。
テーマをいただけませんか?
原稿が出なくなった新米記者には必ずデスクの叱声が飛びます。
“チラシを作ってるんじゃない”
取材ネタ・・・という感覚は、多分、週刊誌の契約記者辺りのものでしょう。“独立不羈”精神旺盛なあいさんには向きません。

投稿: 新治太郎 | 2005年7月 9日 (土) 15時04分

すみません
>新聞記者は、森羅万象のカオスの中に問題を見つけ、それをえぐり出すのが仕事、得体不明の混沌に明晰な言語で、その実体を明かしてみせるのが仕事です。

その通りですね
ただ、みなさんがどのようなことに興味を持っていらっしゃるのかということに、私は興味津々です

投稿: ぁぃ | 2005年7月 9日 (土) 17時22分

はじめまして投稿ではありません。
お願いです。
私は、WEB及び広告系のdirecterです。
今、USEN(有線放送)が20〜30才向けに
衆院選挙に向けて、選挙参加貢献を目的に
衆院選siteを立ち上げ開始しようとしており
その構成製作を受け負っています。
blogを拝見して、あなたが確かな方法論と
姿勢をお持であるので、是非当siteの記者
コメンテーターとしてお願いしたいのですが
よろしければ、メールください。
仕事としては、t来週より立ちあがるsiteに
コーナーを持っていただく形です。
よろしくご連絡まっています。

投稿: 福嶋 敦 | 2005年8月27日 (土) 17時04分

福嶋 敦さん、はじめまして。
メールアドレスがなかったのでこちらで返信しますね。
こんな私にそんな凄い事を頼むとはなんて無謀な方か!っとビックリしてます。w
ほんと〜に有難く勿体無いお誘いなのですが、私はプロフィールに書いてあるとおり「お馬鹿」です。(これ本当)
だから、私は一次情報をネットのみなさんに提供することのみを考え、行動しています。
こんな私の取材した一次情報でもネットでは分析評価をしてくれる沢山の方々がいて成り立っている私なんです。
ですから、コメンテーターって言われても何も言葉が出てこないことは確実。
何か違う形での協力でしたら可能な限り何でもさせていただきますので、どうかコメンテーターはごめんなさい・・・

なんかせっかくのお誘いをお断りして偉そうと思われちゃうかもしれませんが、ご理解してください。

本当に本当にお誘いありがとうございます。

投稿: ぁぃ | 2005年8月27日 (土) 22時42分

この記事へのコメントは終了しました。

« 新潟中越地震に見るマスコミの教訓 【新潟〜取材記2日目】 | トップページ | 新潟中越地震に見るマスコミの教訓 【新潟〜取材記3日目】 »