« 新潟中越地震に見るマスコミの教訓 【新潟〜取材後記】 | トップページ | マスコミは何を学び、何を実行しているのか 【取材記2日目】 »

2005年1月17日 (月)

マスコミは何を学び、何を実行しているのか 【取材記1日目】

先週長岡へ行って、新潟中越地震報道での報道される側の立場を取材してきました
行政と各マスコミの間では取り決めがあったということを知り、各テレビ局がその取り決めを守るためにどのような努力をしているのか
阪神淡路大震災の教訓は活かされているのか
など、今週は報道する側であるテレビ局を取材します

質問状を1週間前にメ−ルで送っていますが、どのテレビ局からも返事がないので、それも併せてどうなっているのか、先ずは各視聴者センタ−へ電話をしました

5つのテレビ局に電話をかけて、ほとんどの局は対応に困りながらも一応広報につないでくれたという印象です

その中で、TBSはすぐに担当につないでくれて、明日お会いする約束までできました
ちょっとセキユリティあまんいんじゃないの?と逆に心配していまいます

日本テレビは、視聴者からの質問状を読まずに捨ててるかもしれないと知って「それって日テレ」と昔のコピ−を思い出しました

どこにもつないでくれなかったのはテレビ朝日1社です
びっくりするほど頑なで、しかも面倒くささ爆発の喋り方、本当に極端に対応悪かったです
質問状の答えは現時点で返ってきていないし、電話をかけてどういう状況になっているのかを問うても、
「調べようがない」の一点張り

「声をお寄せください」とテレビ局は放送中によく言っていますが、言われた視聴者がその声を発しても、自分の声が届いているのかどうなのかさえわからないし、
調べることも拒否されて、「知りたければテレビ朝日の知り合いを見つけろ」
この姿勢が、本気で視聴者の声を聞こうとしている姿勢なのですか?
しかも大きな会社の受付の電話対応が、あからさまに聞く耳もたないって態度、朝日テレビを見る目が変っちゃいました

明日の予定は・・・
午前中、キャスタ−宛に出した質問状の行方を追うために、担当者へ電話を入れます
午後からはTBSへ行ってまいります
ドキドキで、今夜は眠れそうにありません

    【 電話での具体的やりとり(要訳) 】

    TBS

  • 視聴者センタ−からすぐにニュ−ス取材全般を担当している方につながれる。
    「インタ−ネットに書かれているようなことはないか大きいところでは調査をしていてる」
    「大舞台が移動するため全く迷惑がなかったかと言われれば自信がないが、口をすっぱくして注意はしている」
    「震災取材は10年前から大きいのは2回目で、前のケ−ススタディもあるため、相当気をつけるように言ってある」
    「メ−ルに関してはわからない」
    担当者が会って話しをしてくれることになった。
  • 日本テレビ

  • 視聴者センタ−からビジネス交換台につながれ、「マスコミだと広報がお受けする部署になるが、フリ−だとお受けする部署がない」と断られる。
    ネバったら広報部につながれ、企画書を出すように言われた。
    メ−ルに関しては「失礼しました」との謝罪がひとことがあり、視聴者センタ−部で受けていてどこに回すか判断しているので、広報部ではわからない。
    (明確な回答だが、こちらが「失礼します」と言っている間に受話器を置いてしまうあたり、ちょっと面倒そうに感じた)
    視聴者センタ−部にかけ直しメ−ルの行方を尋ねると、どちらの部署に行っているのか調べるわけにはいかないという回答。
    「毎日メ−ルがたくさん来ていて、全てに目を通して返事を出すわけにはいかないので、電話で質問していただきたい」と。
    視聴者センタ−部でどちらの部署にも回す必要がないと判断されれば、捨てられてる可能性もあるかという問いに「はい」とはっきり返ってきた。
    電話応対した人の名前を訊くと、「社の方針で言えない」と言われた。
    (私の質問状がただの煽りの罵倒するメールに見えたのかな・・・)
  • フジテレビ

  • 大代表から報道へつながれた後、広報へ回された。
    「広報の中の報道担当がいないので、明日改めて電話をください」との回答。
    「メ−ル担当も広報で、そのセクションの者が読んでいてそれぞれ各部署に回しているが、そのチ−ムもいないので明日電話をください」と。
    明日、再度電話します
  • NHK

  • 視聴者コ−ルセンタ−で、名前と電話番号とメ−ルアドレスを教えれば、メ−ルが届いているかどうかとその時点での他の情報があればそれも一緒に、明日回答してもらえることになった。
    広報につながり、先週メ−ルで送った質問状を担当者(個人のアドレス)宛に再送し、後日電話で回答をもらえることになった。
  • テレビ朝日

  • 視聴者センタ−のみの対応。
    「お会いになったんですか?」「名刺を持っていらっしゃる方にでしたらおつなぎしますけど」と言われ、どれだけねばっても「どこにもおつなぎできません」の一点張り。
    「メ−ルはかなりの数が来ているので、返事をしようという努力はしていると思うが、全てに目を通して返事ができるわけではない」という回答。
    「目撃証言や、テレビ朝日のロケ車が停まっているなどの緊急な場合は別だが、基本的に制作へ電話をつなぐわけにはいかない」
    「番組宛にメ−ルを送ったのなら、確実に番組担当者には届いているが、メ−ルを読んだかどうかは調べようがないし、電話もつなげないし、返事を待ってもらうしかない」
    「『こういう意見や問い合わせがありました』という報告はそれぞれの番組に報告しますが、その返事を出すかはわからないし、番組の中で言うかもしれません」
    「もしどうしてもということでしたら、誰かお知り合いを見つけてそちらから聞いていただくしかない」。
    (要はフリーの人はコネがないと電話やメールでさえも門前払いらしい)
    視聴者窓口は、個人の意見や名前は申し上げませんと対応した人の名前もわからない。


マスコミ各社へ送信した質問状の中身は⇒こちらの取材記

|

« 新潟中越地震に見るマスコミの教訓 【新潟〜取材後記】 | トップページ | マスコミは何を学び、何を実行しているのか 【取材記2日目】 »

コメント

貴重な行動派ブログ,長く続けられるよう応援しています。(32M)

投稿: Insite | 2005年1月18日 (火) 18時21分

がんばれー

投稿: き | 2005年1月18日 (火) 19時05分

ガ島さんのblogから飛んできました。
すばらしいです。早速ブックマークに登録させていただきました。
TBS取材楽しみにしております。

投稿: menthol_lights | 2005年1月19日 (水) 00時46分

応援してくださったのに、満足のいく取材ができなくて本当に申し訳ありません
今日はすごく凹んで、地下鉄に飛び込もうかと一歩足を踏み出しました。そんな事をしようする自分にも嫌気がさします

こうやって励ましていただくと、本当に元気が出ます
元気出して自分の足で確かめてきます
これからも何でもいいので声をかけてください

ありがとうございます

投稿: ぁぃ | 2005年1月19日 (水) 07時12分

以前、午後3時の角さんの番組で、南海キャンディ−ズが担当で、あちこちの商店街を歩いて、未だに売れない物を紹介していた中に
、大正区の商店街で火の付け口が長く伸びるライタ−を紹介してましたが、その店について教えて頂きたく宜しくお願い致します。

投稿: 和田克司 | 2005年10月11日 (火) 15時18分

この記事へのコメントは終了しました。

« 新潟中越地震に見るマスコミの教訓 【新潟〜取材後記】 | トップページ | マスコミは何を学び、何を実行しているのか 【取材記2日目】 »